読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイトルを考える照れ臭さ

昔は特にそんなこともなかったんですけど。

書いた文章にタイトルを付ける、という行動が、なぜか無性に気恥ずかしい年頃になりました。

だから、昔に書いた記事のタイトルを見返すと、「あちゃー持って回ってやがるなあ」とか「かっこつけやがって」とか、身悶えするほどです。

 

クリエイティブな作業から遠ざかって久しいからなのか、ツイッターという「タイトルのない文章量産機」に慣れてしまったからなのか、どっちなのかな。

歳を取るって、こういうことなのかも。